使えるtrim君たち | 15g.jp

Pocket

trimには色々ありますが、以下3つ抑えておけばokです。
後なんか色々ありますが使いません
trim ($binary, “\x00..\x1F”); 文字列の先頭および末尾にあるホワイトスペースを取り除く
ltrim 文字列の最初の空白を取り除く。第二引数により文字の範囲を指定することも可能
rtrim — 文字列の最後から空白 (もしくはその他の文字) を取り除く
 
第二引数なしの場合、取り除くのは以下になります
” ” (ASCII 32 (0x20)), 通常の空白。
“\t” (ASCII 9 (0x09)), タブ。
“\n” (ASCII 10 (0x0A)), 改行。
“\r” (ASCII 13 (0x0D)), 復帰。
“\0” (ASCII 0 (0x00)), NUL バイト。
“\x0B” (ASCII 11 (0x0B)), 垂直タブ。

第二引数で削除する文字を指定できます。
タブと改行タブだけ削除したいならこんな感じ
trim (“ あ ああ ”, ” \t\x0B” )
もちろんダブルコーテーションで括らないと機能しないので、地味に要注意
と言っても指定することは早々ないと思いますが。