Google Analyticsのページビュー・セッション・ユニークユーザー・ランディングページの違い

ページビュー

ページの閲覧数。リロードしても計測される。
最も基本的な指標です。

ランディングページ

閲覧開始ページの事。セッション開始ページ、1ページ目とも言います。
流入元を見る時はコレ。

セッション

Google Analyticsにおいて「セッション」という単語には2つの意味があります。
一つは通常の意味のセッション。
PCでサイトを閲覧するとき、「セッション」と言うものが発生します。日本語では「接続」になります。
それが一つ目の意味。
もう一つ、「セッション開始ページ」の略で使われる場合があります。ズバリ、ランディングページの事です。
通常言われるセッション(ユニークユーザー)を見たい場合は「ユーザー数」の項目を使います。
基本的にランディングページ以外ではセッションで計測しないほうが良いでしょう。

ユーザー数

ユニークユーザーの事。IPアドレスを基準にして計測されます。
ユーザー数とページビューが離れるほど、そのページで迷っているor興味を持って何度も見ているということになります。
どちらかは、分かりません。

結局どれを使えばいい?

簡単にまとめると、流入、閲覧、離脱で見ると良いです。
流入は
集客の所を見ると大体わかると思います。詳しく知りたい場合はランディングページ+セッションで計測します。
閲覧はページビューや、平均セッション時間を見てユーザーがどれだけ興味を持っているかを知るとよいでしょう。
離脱は離脱率とページビュー数でフィルタをかけると良いです。

他にもマイレポートやカスタムレポートなど、便利な機能が山ほどあります。
是非、使いこなして下さい。

google-analyticsでよく使うレポート

ランディングページごとにキーワードを表示

左メニューの「集客」、「キャンペーン」の「オーガニック検索キーワード」。
画面中段の「ランディングページ」、画面右下の「表示する行数」の件数を任意に指定。
確認したいページを選択、画面中段の「その他」、「集客」の「キーワード」で取得できます。

特定ページへの流入・流出

「行動」「全てのページで取得したいページ」
グラフの上にある「ナビゲーションサマリー」

javascriptで全ての外部リンクにイベントトラッキングを付ける

まずはコードから

以上で す。

では、解説です。

1行目、4行目の

$(document).ready( function () {
})

これはhtmlを読み終えてから実行、の意味。htmlを読み終える前に実行するとa要素が読み込まれる前に実行してしまうので、相当変わったことをしない限り必須であるといえるでしょう。

2行目。

$(“a[href^=http]”).not(“a[href*='”+location.hostname+”‘]”).attr(“onclick”,”_gaq.push([‘_trackEvent’, ‘link’, ‘click’, this.href,,’true’]);”);

少しずつ分解してみていきましょう。

$(“a[href^=http]”).not(“a[href*='”+location.hostname+”‘]”)

この部分がセレクタになります。

$(“a[href^=http]”).

「aタグのhref属性がhttpで始まる」の意味です。

更に^=は文字列の比較で「始まりが~」の意味。今回は始まりが”http”です。

divやtable、h1他のタグや、aタグであっても内部リンクはこれで候補から外れます。

 

.not(“a[href*='”+location.hostname+”‘]”)

notは真偽の偽の意味。つまりカッコ内に当てはまらないもの、の意味。

a[href*='”+location.hostname+”‘]

location.hostnameは要するにドメイン部分。このサイトだと「15g.jp」になります。

更に更に*=は文字列の比較で「含まれる」の意味。

合わせて「aタグのhref属性に自分のドメインが含まれない」の意味です。

またコーテーション、ダブルコーテーションが混ざってますので気をつけて下さい。

 

続いて後半

.attr(“onclick”,”_gaq.push([‘_trackEvent’, ‘link’, ‘click’, this.href,,’true’]);”);

attrは属性の追加、”onclick”はクリック時の動作。

カスタマイズできるのはココ

_gaq.push([‘_trackEvent’, ‘link’, ‘click’, this.href,,’true’])

は元々以下のようになっています。

_gaq.push([‘_trackEvent’, ‘category’, ‘action’, ‘opt_label’,opt_value,’opt_noninteraction’]);

_gaq.push・・固定値。変更不可能

_trackevent・・固定値。変更不可能

category・・カテゴリー。linkclick、linkなどの名前にします。

action・・clickなど。

opt_label・・要するに名前。ですが全てに名前をつけるなんて面倒です。確実にそこにあるもの、URLの指定が無難です。this.hrefとすれば外部リンクへのURLとなります。

opt_value・・整数の値。広告の単価などを入れると良いですが、今回は必要ないので何も入れていません。

opt_noninteraction・・直帰率に影響します。これをfalseにすると、内部リンクを踏むのと同じ効果になり、直帰率が下がります。ですがそんなことで直帰率を下げてもしかたがないので素直にtrueを指定。指定しなくてもtrueになります。

 

また

$(“div.ex”).attr(“onmouseover”,”_gaq.push([‘_trackEvent’, ‘link’, ‘click’, this.href,,’true’]);”);

こうすれば<div class=”ex”>内にマウスカーソルが乗った時の数を計測できます。