Excel・vbaの高速化まとめ

Pocket

様々な高速化手段がありますが、今回は一般的なものをまとめました。

イベントを止める
Application.EnableEvents = False
再描画を止める
Application.ScreenUpdating = False
再計算を止める
Application.Calculation = xlCalculationManual
この3つだけでokです。

他にも色々ありますが、ほぼ速度は変わりません。

マクロ名:macro1をボタンから始動させる場合のテンプレートです。

ボタンでない場合も切り分けたほうが見やすいと思います。

他のページでも説明していますが、ボタンはActiveXではなくフォームコントロールを使用して下さい。

もしエラーで止まった場合は、コンソールで
Application.EnableEvents = True
Application.ScreenUpdating = True
Application.Calculation = xlCalculationAutomatic
この3つをコピーペースト、enterで実行して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。