エクセル(Excel)vbaでの変換補助マクロ | 15g.jp

Pocket

今回は面白いものを作りました。
Excelでのファジー変換です。ファジーとはあやふや、という意味です。
ダウンロードはこちらから

図で説明します。

まずは設定です。ある企業とします。支店番号001が北海道支店、山田さん、支店番号002が鈴木さんの担当、と言った感じです。
settingシートで設定しています。

今度は入力です。sheet1に移り、一部を入力して下さい。北海道なら「北海」「hokkai」「かいどう」等、何でも構いません。
(settingシートのB列なら何でもいいです)

Enterを押すとフォームが出てきますので、選択して、Enterを押して下さい。

北海道が入力されました。続けて次は「ka」で行ってみます。
osakaの「ka」、hokkaidoの「ka」のため、候補が2つです。先ほどと同じように選択してenterを押して決定して下さい。

今度は関連付けている渡辺さんの名前を出します。また「ka」で大阪を選択し、F12を押して下さい。

見事、渡辺さんの名前が出てきました。

以上です。
一件vlookupで済むのでは?と思うかもしれませんが、
支店や取引先企業の名前が多少あやふやでも出てくる利便性、これは一度使うと虜になります。

更に…

支店名から支店コードを出すようにする
地名から支店一覧を出す
取引先の担当者さんの名前から取引先名、主な商品名を出す…

他にはローマ字でもひらがなでも何でも問題なく出てくる、この気楽さは他では得ることが出来ません。

ぜひ一度お試し下さい。
効率化を越えて、仕事が楽しくなります。

ダウンロードはこちらからです。