出力系の関数について

2017年12月23日

Pocket

出力系の関数

format()とecho()で良い
echo printではないけど、文字列の出力。html用。でも出力可能。関数ではなく言語構造。可変変数などには使えない。
print echoに比べ、printは単一の引数のみ受け付ける。使わない。echoでいい
fprintf()
print系では最も使える
ファイルへの出力ができるので、デバッグ用途としてそれなりに使える
他の変なprintは使わなくて良い

蛇足

sprintf — フォーマットされた文字列を返す
vsprintf — フォーマットされた文字列を返す。文字列は配列で指定。
「print」の関数末尾にfをつけるとフォーマットを指定できる
先頭にfを付けるとファイルに出力できる。
先頭にsを付けると文字列を返すようになる
更に先頭にvをつけると文字列を配列で指定。
printf フォーマットして出力。返り値は文字列の長さ。
vprintf フォーマットして出力。返り値は文字列の長さ。文字列はは配列で指定する
fprintf — フォーマットされた文字列をストリームに書き込む(ファイルに出力)。
vfprintf フォーマットされた文字列をストリームに書き込む(ファイルに出力)。fprintfと違ってフォーマットは配列で指定する

php

Posted by admin8admin