メーカー製ノートPCのHDDをSSDに換装する方法

2018年8月26日

Pocket

機種について

私が今回使用したのは、HP製の
HP15-bw000
です
35000円を切る低価格がウリです
しかしその反面、あまりの重さにまともに使えませんでした
安物買いの銭失い真っ只中です

SSDの選定

メーカーはtrancend、インテル、crucialあたりがオススメです
安さならtrancend、速さならcrucial、安定性や信頼を求めるならintelと言った感じです
安さと言っても数百円、速さと言っても0.01秒かかる処理が0.02秒、安定性といっても10年持つ物が12年持つ・・・
などと、正直大差ありません。
好きな見た目、メーカー名で決めていいと思います
IODATAは後述するSSD移行ケーブルもついてきて楽なのですが、やや割高です

容量は現在のHDDによります
なるべくすべて入る容量が良いでしょう
最低でも128GBが良いです

接続方法は無難にSATAを選んでください
M2接続は安くて早いのですが、規格が分岐して面倒です。物理的に入らないということもありえます

上記を満たしていれば問題ないでしょう
一番安いSSDを探します

ケーブル

USBとSATA(SSD)をつなぐものが必要になります
Inateck USB3.0HDDコンバータです。大体2000円ぐらい
USB2.0だと遅いので間違えないように

バックアップ

必ず取っておいてください
自己責任です
もう面倒なら全部googleに預ければ良いと思います

クローンの前に

HDD側の容量を減らせるだけ減らしておきます
ゴミ箱の中身削除、不要なプログラムのアンインストール
後々、時間を短縮することができます

SSDの認識

ケーブルでssdを繋いでください
GPTにします

変なパーティションがある場合

新品のSSDなら不要です
diskpartコマンドで全部のパーティションとディスクを消し、
すべて未割り当てにします

クローン実行

EaseUS Todo Backupを使います
クローンを選択し、パーティションを一個一個クローンしていきます
システムクローンは使いません
一個一個クローンしない場合、失敗します
(パーティションの順番が大事なようです)

容量が大きい場合

容量が余っているパーティションをコピーしても、容量の大きいパーティションが作られます
焦らず騒がず、パーティションサイズを減らします
ディスクの管理から行うことが出来ます

換装

後はバラして交換して蓋して終わりです
失敗しなければ、2時間で終わるでしょう
私は何度か失敗して30時間ぐらいかかりました

ssd scope

50GBしか使っていない500GBを128GBのSSDにクローン、
ということが出来ません
条件が揃っていれば簡単に使えそうですが、
基本的に使うことはないと思います