webフォント不要論

Pocket

webフォントは簡単に全体が引き締まって見えて楽しいのですが、
その重さ、煩雑さ、その他色々考えると
「webフォント使わない方が良い」
という結論に至りました

当サイトでは引き続き使用しますが、
これはテーマを触るのが面倒なだけです

通常のサイトはフォントなんて細かい所に気を使うよりも、コンテンツをしっかり拡充した上でそれでも尚伝えたいメッセージがある場合はフォントを変更すればいいと思います
はっきり言って違いはありません

あとルイヴィトンのサイトは’LouisVuitton-N-Light’という自作フォントが使われていました。凄い。

ユーザーにメッセージを伝える事と、フォントを選んで遊ぶ事、どちらが大切か今一度良く考えてみて下さい

ただ、
font-family: sans-serif;
は入れておかないとiphoneで明朝体になっちゃいます
さすがに明朝体はちょっとアレなので、指定します