ローカルコンピュータポリシー コンピュータの構成 管理用テンプレート システム Device Guard 仮想化ベースのセキュリティを有効にする を、無効にする コントロールパネル プログラムと機能 Windowsの機能の有効化または無効化 hyper-v関連のチェックを全て外す Xドライブを作成 管理者権限で以下を実行 公式から少し改変 ・hyperVを切る ・フォルダの作成を追加 ・最後のアンマウントを削除(見えなくなると単純に不便なので・・・) mountvol X: /s bcdedit /set hypervisorlaunchtype off mkdir X:\EFI\Microsoft\Boot\ copy %WINDIR%\System32\SecConfig.efi X:\EFI\Microsoft\Boot\SecConfig.efi /Y bcdedit /create {0cb3b571-2f2e-4343-a879-d86a476d7215} /d “DebugTool” /application osloader bcdedit /set {0cb3b571-2f2e-4343-a879-d86a476d7215} path “\EFI\Microsoft\Boot\SecConfig.efi” bcdedit /set {bootmgr} bootsequence {0cb3b571-2f2e-4343-a879-d86a476d7215} bcdedit /set {0cb3b571-2f2e-4343-a879-d86a476d7215} loadoptions DISABLE-LSA-ISO,DISABLE-VBS bcdedit /set {0cb3b571-2f2e-4343-a879-d86a476d7215} device partition=X: 再起動

VMWareでDevice/Credential Guard には互換性がありません。のエラー解決

Pocket

vmware使えなくて困りましたので解決方法
最後まで再起動しないように
再起動してしまった時は最初からやり直してください

設定変更1

ローカルコンピュータポリシー
コンピュータの構成
管理用テンプレート
システム
Device Guard
仮想化ベースのセキュリティを有効にする

を、無効にする
「未構成」ではありません

設定変更2

コントロールパネル
プログラムと機能
Windowsの機能の有効化または無効化

で見つかる、hyper-v関連のチェックを全て外す

Xドライブを作成する

ドライブの割当でも、USBメモリでもなんでも良いです
Xドライブの内容は消える(フォーマットと同じ)されるので気をつけてください

色々と設定変更/h2>

管理者権限で以下を実行
公式から少し改変
・hyperVを切る
・フォルダの作成を追加
・最後のアンマウントを削除(見えなくなると単純に不便なので)

mountvol X: /s
bcdedit /set hypervisorlaunchtype off
mkdir X:\EFI\Microsoft\Boot\
copy %WINDIR%\System32\SecConfig.efi X:\EFI\Microsoft\Boot\SecConfig.efi /Y
bcdedit /create {0cb3b571-2f2e-4343-a879-d86a476d7215} /d “DebugTool” /application osloader
bcdedit /set {0cb3b571-2f2e-4343-a879-d86a476d7215} path “\EFI\Microsoft\Boot\SecConfig.efi”
bcdedit /set {bootmgr} bootsequence {0cb3b571-2f2e-4343-a879-d86a476d7215}
bcdedit /set {0cb3b571-2f2e-4343-a879-d86a476d7215} loadoptions DISABLE-LSA-ISO,DISABLE-VBS
bcdedit /set {0cb3b571-2f2e-4343-a879-d86a476d7215} device partition=X:

再起動

ここでやっと再起動
これで使えるようになりました