生命保険の選び方

今回は少し趣向を変えて、生命保険の選び方です

みなさん
生命保険はどのように選んでいるでしょうか?

CMをよく見るから
アヒルだから
勧誘のおば・・・お姉さんがキレイだったから
学生時代の友人にすすめられて

基本、なんとなく勧められた物に入ってるというケースが多いと思います

今回はそうではなく、あくまで理屈で、入る保険を考えていきたいと思います

※寿命は全員、90才と決めておきます。平均より少し長生きとします
※もし、先祖代々100才以上の長寿ばかりでしたら、100才を基準にしても良いかもしれません

☆☆☆生命保険☆☆☆

天涯孤独の場合
生命保険に入る必要は、ありません

両親と、自分の三人とします(両親はセットで考えます)
自分が30才
両親が70才、両親ともに引退し、収入は年金のみ、と仮定します

両親の生活費は月20万、年金収入が15万、毎月5万

両親は、毎年60万必要になります
貯蓄は300万とします

この場合、
必要な生活費は
60万*20年=1200万
貯蓄が300万あるので
1200-300=900

よって、必要な生命保険料は「900万」です

保険料の計算がややこしいのは、
毎年の収入や、毎年の支出、更に年齢による変動を考えるからキリがなくなってややこしくなります
寿命を90と決めて、総額で計算すると簡単に計算できます

そして、この900万は即座に必要というわけではありません
毎年60万ずつ受け取っても、問題は無いのです
(なんだったら貯蓄がある最初の5年は受け取らなくても良いですが、逆にややこしくなったので割愛)

更にこの場合、「逓減(ていげん)」という方法を利用すると、保険料が安くなります
※反対は、「一括」

一括と逓減の違い

一括の場合、いつ死亡しても一括で同じ金額を受け取れます。
逓減は、1年に一回受け取れます。ただし単純な分割ではありません。
     早く死亡するほど、受け取れる保険料が高くなります。
     逆に、年月が過ぎるほど受け取れる保険料は低くなります。

60万を20回の逓減で保険を組むとします
自分が30、両親が70の状態で自分が死亡すると、1200万を受け取る事が出来ます
自分が35、両親が75の状態で自分が死亡すると、900万を受け取る事が出来ます
300万減っていますが、両親も年を取り、生涯必要な生活費も減っているので、生活費上的には問題は無いのです

どうしても一括を選択する場合は、以下のような状況です
生活費以外の必要経費、例えば、ローンや借金などがあり、逓減があると困るといった、明確な理由が必要だと思います

嫁・子供がいる場合を考えてみましょう

自分が30才
嫁が30才
子供が10才

二人の生活費は月20万、自分の収入が30万、嫁の収入が10万、
自分がいなくなると、毎年120万必要
貯蓄は500万とする

この場合、
必要な生活費は
60*120=7200
貯蓄が500万あるので
7200-500=6700
(子供はずっと無職とする)

よって、必要な生命保険料は「6700万」です。
少し高い気もしますが、最悪を想定するとこれぐらいになります。
逓減は大体20回ぐらいが限度です

年間335万を受け取れますが、これは90才まで持たなければなりません。

使い切ると、大変な事になります。

逆算すると、奥さんが収入をあげる、もっと貯蓄をする、子供が確実に就労できるように応援する・・・
などを行う事で、将来の不安や、保険料の負担は軽減出来ると思います

☆☆☆就労不能☆☆☆

これは死亡保険よりも重要だと思います
死亡保険は自分が死んだあとなので、残された人にガンバッテ!という余地がありますが、
就労不能の場合は誰も頑張ってくれません。自分のための保険になります

40才、収入20万、月々の経費8万、貯金500万とします
40才~60才まで働き、3500万の貯金ができます
65才~年金収入が月3万入るとします。65才時点の貯金は、3000万です。結構減りますね
90才の時点で、貯金残り550万で人生を終えます。

必要な金額を出します
いざという時のために500万ぐらいは置いておくとします。
そうすると、大体ちょうど40才-60才で稼ぐ「3500万」になります
この金額が、就労不能の場合、必要な保険料金です。
なお、65才で就労不能になっても、そもそも65才以上では就労していない予定なので問題はありません
一括・逓減ですが、生命保険の時と同じく、逓減で良いですね。

20回の逓減で175万もらえるような設定になります
一時金も必要なら設定しても良いと思いますが、
個人的には不要かなと思います

☆☆☆入院・ケガの保険☆☆☆

そもそも入院保険ってなんのために入るのか、ですが、
入院して仕事ができなくなった時に向けての保険です
会社勤めの人は、有給などがありますので、実は必要ではありません

注意しなければならないのは、自営業やフリーランスですね
この方々は重要度が増します

どちらにしても、貯蓄をしていればそこまで問題にはならないかと思います
基本的には支払う額の方が高くなります
入院やケガは、個人的には不要だと思います

もし、年中ケガや入院をするほど体が弱い、もしくは先祖代々体が弱い・・・
といった方は、加入されていたほうが良いかもしれません

☆☆☆ガン保険☆☆☆

ガンと診断されると100万円支給される
そして男性の生涯罹患率は65%と言われています

約3000円/月、40年加入とします
3000円*12ヶ月*40年
=144万円を、生涯かけて支払います。

受け取りの期待値は、
65万円です

期待値だけで言うと、完全にマイナスです

また、ガンにかかると手術などで休養が必要になるため、
収入の減少や、手術代としての保険料なのですが、
本当にそれほど必要でしょうか?

手術は高額医療がありますので、基本的には8万円で済むのです

☆☆☆先進医療☆☆☆

先進医療とは何か
最新のスゴイ治療!
・・・ではなく、単に健康保険が適用される前の治療方法です。意味的には治験に近いですね。

ただ、この先進医療でしか治療できない病気もあり、
実際に最先端の技術を駆使した、スゴイ治療方法もあります

1回辺り、300万かかる治療費がタダになります。

罹患率は低く、ガン患者の中でも300人に一人程度です

料金はものすごく安いです。大体月100円ぐらい。
個人的には100円なら安心感も加味して、入っておいたほうがいいかな、と思います
ただし、がん保険の付随であることが多く、単体で入れない場合がほとんどです

☆☆☆ファンド☆☆☆

基本不要です。これこそ貯蓄に回しましょう
契約によってはファンドが主契約になっている場合があり、必ず1000円はファンドへ・・・という場合もあります。
要確認です。

年末調整で少し返ってくる、といいますが、大差ありません
年間¥10000のファンドを払うと、
¥150
の税金が返って来る計算になりました。ジュース買えますね。
※なお、¥100000払っても¥1500の還付にはならない。500円ぐらいが控除の限度。

要するに、年末調整でどうこうは考えないほうが良いのです

いかがでしょうか
自分なりに調べながら算出した、保険料の計算方法です
「保険料は大体1万円ぐらいにしよう」「生命保険は1000万ぐらい?」
などと曖昧な数字でスタートすると、歪で、無駄な保険になりかねません
(なお、僕はそうやって決めていました)
自分に必要な金額を算出し、必要な保険だけにしましょう。
また、日本円の貯蓄も重要です。貯蓄があれば、保険料を下げる事が出来ます。

他にも年末調整や、ファンドなど色々な要素がありますが、
おまけ程度にも考えないほうが良いかと感じました

最後になりますが、私が入ってる保険は、住友生命です
勧誘のおば・・・お姉さんがキレイだったからというのが理由です

また、保険会社の支払い能力を決める「ソルベンシーマージン比率」というものが大きいというのもあります
支払い能力があるから払ってくれるとは限りませんが、参考程度にはなると思います
もし迷ったら、この数値も参考にして下さい

未分類

Posted by admin8admin